経験者が教える「披露宴の準備」を成功させる11のポイント!

披露宴の準備、大変ですよね。私も先日結婚式・披露宴を終えたばかりなのですが、もういろいろ大変でした(苦笑)。日取りから招待客、披露宴の準備期間中の旦那とのケンカ、当日のトラブル・・・まで。でも終わった今だからこそ、ぜひ皆さんに伝えたい。一生に一度の結婚式・披露宴、その準備を成功させる心構えをお伝えします!

*

格差婚カップルの披露宴、どう乗り越える?

      2016/11/02

「格差婚」ってご存知ですか?

主に、家柄や学歴、年収などに格差のあるカップルが結婚することらしいんですけど。
個人的にこの言葉はあまり好きではないのですが、伝わりやすいように敢えてここでは使わせて頂きますね。

婚姻届と結婚指輪

さて、私たちの結婚も一般的に見て、いわゆる格差婚というものになると思います。

私の両親は経営者で、私は幼い頃から家に守られて育ってきました。
反して夫は、実家との折り合いが悪かったので学費の援助もなく、自分で稼ぎながら苦学を乗り越えてきたような、私とは正反対の境遇で生きてきました。

私は自分ができなかった、自分一人の力で全てを切り拓いてきた彼を尊敬すると同時に、その生き方を誇りに思っています。

なので私自身、貧富や家柄で上下を付けるつもりは全くないということを前提に話させて頂きますが、
しかし現実として生きてきた環境が違いすぎると、趣味嗜好や価値観の差異も素晴らしく大きい。
まー大きい大きい。
そりゃトラブルが起きるのは当たり前ですよ。

そのおかげでもう披露宴準備期間の後半は、双方の要望の擦り合わせやケンカの落とし所を探るのが上手になりました。

格差婚、披露宴で直面する問題とは?

では、私たちの格差婚で、実際なにが問題にあがったかと言うと・・・

結婚式の来賓

  • 来賓の数に差がありすぎる
  • 来賓の雰囲気が違いすぎる
  • 費用の分担が偏る

などでした。

費用に関しては極めてプライベートなことなのでここでは省きますが、問題はゲストの数と雰囲気の差。
極端に来賓数が違うと、席次に困ります。
卓数が合わなすぎるので、会場テーブルのバランスが取れない。

披露宴のテーブル

でも、もはやお互いギリギリだったんです。
私はこれ以上削れないってくらい、最低限お披露目しなくてはいけないお付き合い深い方々のみに絞ったし、
逆に彼は、これまで縁してきた人脈にフルに声掛けして、ゲスト数を少しでも合わせようとしてくれました。

が、どうしようもない。
加えて、そのゲストの雰囲気の差!

披露宴の乾杯
私の方の来賓はいわゆるお堅い方々ばかりで、演出もある程度格式を重んじたものを用意しなくていけない空気。

反して彼の方の来賓は、一言で言うとお祭り野郎ども。
楽しいこと大好き!めでてえ!飲むぞ!的な、極めて賑やかな人種。

シャンパンタワー

もうこれだけでおもしろいでしょ。
そんな人たちが一堂に会するって、どんな異種格闘技戦だよと。
これらの問題を目の前にあがいた結果、もう私たちは開き直ったのです。

格差婚、ゲストの数や雰囲気の違いをどう解決した?

私たちはその解決策として、席次表の肩書きを全て取っぱらいました。

披露宴に参加されたことのある方ならご存知の方も多いと思いますが、
披露宴会場でまず招待客が受け取るのが席次表です。

結婚式の席次表
ゲストが自分の席を知るための案内図ですが、ゲストの名前の上には大抵肩書きが添えられています。
「新郎上司」とか、「新婦友人」とかね。

それを取っ払ったことによって、まずゲストからは新郎と新婦の来賓数の差がわからない。

「新婦側の来賓がやけ多いわね…」

なんて思われる心配も、人の目も気にすることもなく、かなり気が楽になりました。

披露宴のビール

そして肩書きなしの席次表が配られた時点で、ある程度肩肘張りすぎずに楽しめるパーティー的な雰囲気であるということをゲストの方々には伝えすることができたので、
お祭り野郎がはしゃいでも、お堅い組も面食らったりせず許容できたのではないかと思っています。
(もちろん事前に新郎から、場の雰囲気やハ メを外しすぎないよう伝えてもらってましたけどね。)

プランナーさんに、

「肩書きなしの席次表でいきたい」

と提案したところ、ちょっと困惑した笑顔で

「…わかりました、そういう披露宴ももまれ~にありますよ」

と仰ってました。すいません。
立場なんて排して、ここではゲストが花!みんなが主役!って半ばこじつけで強行しました。

でも・・・NO肩書き、素敵じゃない?
むしろこれスタンダードになっていいと思うんですけど。

名刺

肩書きを入れることでゲスト間での会話の取っ掛かりになったりとメリットもあるんでしょうが、
もし私たちのように格差婚だと新郎新婦のゲストの差を気にしていたり、面倒くさいようならこういう解決策もありますよ、というお話でした。

「みんなが楽しめる披露宴にしたい」

とどのカップルも思うんでしょうけど、その「みんな」の中には自分たちも入っていることを忘れないでくださいね。

小さいことに気を病みすぎないで、思い切り楽しめる披露宴を迎えられますように!

新郎新婦

 

 - 未分類

結婚式・披露宴を挙げる季節はいつがベスト?

      2016/11/02

一生添い遂げたい相手と出会って、婚約をかわして、結婚が決まって。
さて、結婚式・披露宴はいつしたらいいんでしょうか?

結婚式
たとえばマタニティの方は色々とリミットがあるでしょうから必然的に時期も決まってくると思うんですが、
何の制約もないとかえっていつ挙げるのがベストなのか悩みますよね。

このように避けがたいご事情や、本人たちor周りからの強い希望があれば別ですけど、
ここでは私たちがどう結婚式・披露宴のタイミングを決めたのかをお話させて頂こうと思います。

「何を大事にした結婚式・披露宴にしたいのか?」を明確に!

まず結婚式・披露宴をどのように捉えているかで、諸々変わってきます。

結婚式・披露宴では新郎新婦が主役なのはもちろんですが、同時に主催者でもあります。

披露宴の高砂席
私たちは、

「自分たちをどう見せるか」

より、

「ゲストが喜んでくれるかどうか」

の方が大事であると思っていました。

ちょっと話がそれますが、これって本当に大事ですよ。
どのような結婚式・披露宴にしたいか、何を大事にしたいかというテーマみたいなものをしっかり二人で決めておかないと、
確実に一つ一つブレます。

双方で「なんのための結婚式・披露宴か」が定まっていないと、
結局毎回同じことで衝突やすれ違いが起きてしまうんです。

ただでさえケンカが増えるのに。

なので私たちはお料理や引き出物、演出なども、
自分たちの要望に近づけながらも、常にゲストの満足度を忘れずに決めていきました。

結婚式のお料理

まぁそれでも来賓のタイプも好みも様々なので、すり合わせには難儀したんですがね。

「自分たちを見て!」

っていうパフォーマンス性の高いものや 、
格式ばったものではなくアットホームな雰囲気なものなど、二人で、

「どんな結婚式・披露宴にしたいか」

をまず明確にしておくことをオススメします。

披露宴のバルーン

私たちが結婚式・披露宴を4月に決めた理由とは?

結婚式・披露宴の時期の話に戻ります。
そんなこんなで、双方のゲストにとって参加しやすい時期を考えていった結果、
私たちの場合は4月の下旬に決行することとなりました。

理由の大半が、主賓が参加できる日程がここらへんに限られていたからなんですけど、その他の決め手としては、

  • 仕事柄、和装ゲストが多いこと
  • 長期休暇中に挙げると、ゲストが旅行等の予定を入れられなくなってしまう
  • 夏の暑さでメイクが崩れたり、冬でドレスでは寒すぎるという心配が少ないこと

等々が挙げられます。

親族の留袖
和装ゲストがいなくても、親族の方が黒留袖を着られるご家庭は多いと思います。
もちろん夏には夏の着物がありますが、ただでさえ夏。暑いです。
着慣れてなければなおさらです。

さらにご親族は当日緊張もある上に、様々テーブルを回ったり挨拶したりと動き回ります。
披露宴前に別会場で結婚式を挙げられるとしたら、暑い中の移動も考えなくてはいけません。
うちの母はあまり体が強くないので、最中に体調を悪くするかもと思い、夏の挙式は最初から考えていませんでした。

新婦の母

ゲストにしても、夏は着物選びが難しいです。

まず着物は着る時期によって、生地が変わります。
たいてい、5月下旬~6月&9月~10上旬には単衣、6~8月には薄物と呼ばれるものを着るのですが、
生地が季節に合っているからOKというわけではなく、結婚式には訪問着という格調高いものを着ていかなくてはいけません。

それに加えて、その生地や格に合わせた帯小物を選んで身に着けます。
いや難しいよこれ。
汗かいたら洗いに出さなきゃいけないし。

桜帯

想像しただけで、夏はないなと。
着物好きなら喜んでお召しになってくれると思いますが、私はゲストに少しでも負担をかけたくなかったので、
過ごしやすくて、和装を選ぶのも比較的楽な季節にしました。

他にも、春に挙げるとしたらひどい花粉症の方はいないか、秋は台風が多いので遠方から飛行機で来られる方は大丈夫だろうか等々、心配しだしたらキリがありません。
難しく考えず、 ただシンプルに、

「自分がゲストだったら、お呼ばれされて助かる時期はいつだろう?」

ということを想像しながら決めれば、きっと皆様が喜んでくださる披露宴ができると思います。

結婚パーティ

 - 未分類

披露宴の「予算」をはじめにハッキリと伝えておこう!

      2016/11/02

最初に言っておきますが、今回は結婚式・披露宴にかかるお金の話です。
生々しいですが、とてーも大事なお金の話。

ウエディングプランナーに任せていたら、あまりの高額な請求に驚いたという話をよく聞きます。

ウエディングプランナー

「知っておけば抑えられたのに…」

なんて後悔しないために、また予想外の出費を防ぐために、
プランナーさんとお金の交渉の際に意識しておくべき点を、自身の体験からお話しようと思います。

①予算内に収めるために…ウエディングプランナーに流されるな!

はじめが肝心。
かっこ悪いように見えるかもしれないけど、

「私たちはこれ以上出せません!この予算内で式を挙げたいです!」

と主張しましょう。

しかも折々に。
打ち合わせのたびに言ってもいいくらい。

予算

じゃないとねー!
ほんとブライダル業界の価格設定っておかしくて、
テーブルクロスの色変えるだけでオプション料金取られたりとか、
スタジオ写真をちょっと仕上がりツルツルにするだけで上乗せされたりとか、
プランナーにお任せしとくと、あっという間にとんでもない額になるんですよ!!

披露宴のテーブル

パックを使う場合、パック料金に入っているもの、
また何をしたらオプション料金が発生するのかを、そのつどしっかりプランナーに確認しましょう。

②こまめに見積もりを出してもらおう!

上記のように、知らないうちにオプションをつけられてとんでもない額になっていたなんてことのないように、
見積もりをこまめに請求した方がいいです。

結婚式の見積もり
私はプランナーとの打ち合わせの時は、

「この時点での請求がいくらになるか確認したいので、後ほど全体の見積もりをメールで送って頂けますか」

と、毎回お願いしていました。

それによって、何にいくらお金がかかっているか、無駄はないか、
そして打ち合わせの内容がしっかり反映されているかを、そのつどチェックできます。

③値引き交渉は必ずすること!

料金

お祝いなのに、ケチケチするのはちょっと…と抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、

「大丈夫!!こんな高い買い物だもん、みんなやってる!!!
たぶん!!!!」

と強く出るのではなく、

「予算内におさめたいんですが、なんとかならないですかね…?」

と、相談しながら交渉していければ、角が立つこともないと思います。

ウエディングドレスの試着
私の場合、ありのままぶつかることでプランナーさんと仲良くなれる→なんでも相談できるようになれて、今まで以上に親身になってくれる、といいことばかりでした。
対立するのではなく、むしろプランナーさんが味方なってくれれば、こんな心強いことはありません。
あちらもいい披露宴にしたいのは同じだと思うので、こちらの真剣さが伝わればきっと寄り添って力になってくれるはずです。

意志表示をはっきりすること、
人任せではなく、自分でしっかりチェックすること、
そして、味方つくること。

このスキルは、きっと今後も自分を助ける武器として役に立つものになるでしょう!

結婚式

 - 未分類

「自分たちらしい結婚式(披露宴)」って一体なに!?

      2016/11/02

結婚式や披露宴を挙げるにあたって、どんなものにしようかと考えた時、

「自分たちらしい式にしたい」

と思われる方も多いのではないでしょうか。

披露宴
では「自分たちらしさ」とは、一体なんなのでしょう?
今回はこの視点から話を進めてみようと思います。

 

自分たちらしい結婚式・披露宴=「好き勝手やっていい」ではない!

自分たちらしい…

一般的に、オリジナリティがあって、個性的で、ステレオタイプではないもの、といった感じでしょうか。

ウユニ塩湖で結婚式

確かに、自分たちにしかできない、世界で一つだけの結婚式・披露宴が挙げられたらとても素敵だと思います。
ただそこで気をつけたいのは、

「自分たちらしさ=好き勝手やってもいい」

ではないということ。

では、具体的に何が違うのでしょう。

①内輪ウケは避ける

私が以前参加させて頂いた披露宴で、残念ながら疎外感を感じるものが幾つかありました。
新郎友人の余興、新郎友人のスピーチ、また新郎の謝辞の時、
終始自分たちにしかわからないネタや話題、ノリ方などで、新郎&一部のゲストだけが大いに盛り上がっていたのです。

内輪ウケのスピーチ
お祝いの席なので、楽しく、賑やかになるのはとてもいいことだと思いますが、
内輪ウケもいき過ぎると、そのネタがわからないゲストにとっては一体感を感じられず、少し寂しい思いをさせてしまうかもしれません。

友人が勝手にやることならまだしも、そもそも宴自体そのグループにのみわかるような演出が多くなされてたので、これには疑問を感じてしまいました。

②演出効果や装飾の安全性を考える

一生に一度(であることを願う)披露宴、凝った演出にしたい気持ちはわかります。

でも、自分たちがそうしたいからと突っ走る前に、周りを一度見てみてください。
その演出や効果、装飾に危険はありませんか?

例えば、ライティングショーや、会場の真ん中にバージンロードを照らし出すような、光の演出ができるところもたくさんありますよね。
きれいで幻想的で、ゲストにも非常に喜ばれる思います。

バージンロード
ただ私たちの披露宴には、車椅子の方がご参加してくださることになっていました。
また、弱視の方もいらっしゃいました。

もしその方たちがおトイレなどで席を立たれた時にそのショーが始まったら…
暗くて足元が見えづらい会場を歩くのは、かなり危険だろうと思いました。

また装花の打ち合わせの際、ゲストテーブルの真ん中を飾るお花のサンプルに、
かなり背が高く、細い花瓶に花を生けてあるものがありました。

披露宴のテーブル装花

 

「招待客の中には子どもも多かったので、もし何かあって倒れたら大変…
何もなかったとしても、そもそも子どもの目線からだとあの高さの飾りがあってはケーキ入刀も何も見えづらくて可哀想だろうな…」

と思いやめました。

このように、どんなことがしたいかと思ったら、同時に、
ゲストにとってどうなんだろうと少し立ち止まって考えてみてください。

内輪ウケにならず、全員が楽しめて、ゲストの安全や快適さを重視した上で、
オリジナリティ溢れる披露宴は可能なはずです。

リングボーイ

むしろゲストを想うやさしさに包まれている披露宴には、「自分たちらしい」なんてわざわざ演出しようとしなくても、もう既にあなたたちらしさが充満していると思います。

全員が、

「○○の結婚式に出席してよかった!」

「いい披露宴だった!」

と思えるような結婚式・披露宴を作り上げていけたらいいですね。

ブーケトス

 - 未分類

やっぱりお金は大事!ちょっと変わった披露宴マネーの節約術

      2016/11/02

素敵な結婚式・披露宴を実現させるという夢のためには、お金の悩みという現実と向き合い続けなければなりません。

結婚式にかかるお金

「予算の範囲内でなんとか理想の披露宴近づけるために、お金の出費はできるだけ抑えたい!」

という思いはみんな共通のはず。

そこで今回は、結婚式マネーのちょっと変わった節約術を、実体験を交えてご紹介します。

①カメラマンを友人or親族に依頼する

披露宴のプロフィール映像や当日の写真など、プロのカメラマンにお願いすると、結構高くつきます。

結婚式のカメラマン
そんなに高いクオリティを求めていなければ、カメラ好きの友人や親族にお願いしてもOK。

私たちの場合、知らない人に撮られるより、明らかに親族が撮ってくれた写真の方がナチュラルでいい表情をしていました。
身近な人には、緊張のない笑顔を向けられていたのでしょう。

ただ、撮影に支障が出ないよう、当日泥酔しすぎる危険性のある人は避けたほうがいいですね。

②ブーケは他フロリストに依頼しよう

披露宴準備が始まってすぐ、プランナーさんにトータルの見積もりを出してもらった時の感想。

「なんでお花にこんなお金かかるの!!?」

新婦のブーケ、新郎のブートニアだけで驚くべき値段になっていたことを覚えています。

ブーケとブートニア

そこでいつもお世話になっていたお花屋さんやフロリストに相談して、作って頂くことにしました。

衛生上、食事を並べるメインテーブル、ゲストテーブル、ウエディングケーキ用のテーブルなどにはその会場手配の装花しか置けないとのことだったのですが、ブーケ&ブートニアだけでも抑えられて助かりました。

フラワーアレンジメントや生花をしている友人がいたら、手作りブーケを作ってくれるかもしれません。
とにかく人脈をフルに使いましょう!

会場によっては持ち込み料の方が高くついてしまう場合もあるので、そこは必ず確認してください。

当日朝、会場に届けてもらう手配も忘れずに!

③プチギフトはテーブル装花

披露宴おひらき後、新郎新婦がお見送りの際にゲストにプチギフトを手渡すことがあります。

結婚式のプチギフト
感謝の気持ちをお伝えしたい、でもこれ以上の出費は抑えたい…。
そう思った私たちは、ひらめきました。

「そうだ、テーブルのお花をお持ち帰り頂こう!」

ゲストテーブルの真ん中に飾られた装花は、基本的に披露宴終了後には処分されてしまいます。
きれいなのにもったいないじゃないですか。
ということで、会場フロリストと装花の打ち合わせの際に、

「そのテーブルの人数分に小分けして飾ってもらえませんか?」

と無茶なお願いをしてみました。
すると、竹筒のような小さな花器を人数分用意して、それにお花を生けてくださったのです。

披露宴のお花

セパレートされた一人分は引き出物の袋に入るくらいコンパクトなものでしたが、
それが1テーブル8名分くらい、テーブルの真ん中に集めて置くといい感じのボリュームに。
ゲストテーブルの装花としても、とても華やかに会場を飾ってくれました。

ゲストの皆さんは、披露宴おひらきの際に司会者からの

「よろしければテーブルのお花を一つずつお持ち帰りください」

というアナウンスがあって初めて、持って帰れるようになっているんだと気づいたとのこと。

友人は、

「あんな仕掛けになってるなんて、驚いたよー!縁起物だし嬉しかった!」

と言ってくれました!
大成功!!

かなり斬新な提案でしたが、尽力してくださったフロリストさんに感謝です。

とにかくなんでも相談してみよう!

披露宴マネーの節約術、いかがでしたか?
変わり種の節約術ばかりですが、共通しているのは「とにかくなんでも相談してみる」ということ。

手作りが得意な友人に、
カメラ好きな親族に、
そしてプランナーやスタッフに・・・

なんでも相談してお願いしてみると、
自分たちが思っていた以上に力になってくれたり、新しい解決策が見つかるかもしれません。

手作りのリングピロー

そして支えられていることをありがたく思って、また周りに感謝できる自分たちに成長していけると思います。

自分たちだけでどうにかしようと思わないで、ぶつかってみてください!
それだけでもいい方向に変わるはずですよ。

 - 未分類

結婚式・披露宴に固定観念はいらない!

      2016/06/11

例えば本当に本当に新郎新婦の意見が合わないとしたら、もはや結婚式の段取りすら組めないと思うんですよ。
もちろんお互いに譲歩できる点を考えなければならないとは思うんですけど…。

でもお互いにやりたいことあるし、譲れないところもいっぱいある!

でも改めて思うのですが、結婚式って想像していたよりもガチガチのプランニングで進んでいくものなんですよね。
小学生の運動会のプログラムの方が、自由度が高かったりして…。

新郎新婦が式の段取りの中でできることなんて、実は本ッ当~に限られてるんです(切実)。
ぶっちゃけ自分たちの希望が自由に組み込めるのは、音楽や衣装くらいのものだと思います。

結婚式のピアノ
あとはご来賓の方々の趣味嗜好にびっちり合わせていくとか、プランナーさんに勝手にお任せだったりとか、固定のプランの中で調整しながら要望を伝えたりとか…。
本当に自分たちの希望が通るのは一部分だけだったりするんですよね。

でもでも、
限られた時間と条件の中だからこそ!精一杯ワガママを言うべきだと思うんです。
だって一生に一度しかないし!(基本的には)
もはや、

「結婚式だから~しなきゃいけない」

とか、そういった既定路線のお話は今一度考えなくていいと思うんです。

結婚式の固定観念は、プランニングの当初で一度捨てるべきです。
どうせ式次第には逆らえないわけですから。
プランニング通り式は進んでいくわけだし、新郎新婦の価値観が違っていたって時間が経てば式は終わってしまうんです。

結婚式の式次第

それなら逆に考えて、思いっきり、そして後悔のないように自分たちがやりたいことを式次第のスキマを縫ってぶつけてみるべきだと思うんです。

じゃあ具体的にどうすんのよ、というところですが・・・

①自分たちがやりたいことをとことん書き出してみよう!

まずは、“自分たちが式の中でやりたいこと”をひたすらに書き出してみることが大切だと思います。

とんでもないこと書いたっていいと思います。
そこで初めて新郎新婦の結婚式に対する価値観の違いが露呈されていって、お互いの気持ちとやりたいことの帳尻合わせができるわけです。

ちなみに私たち(主に新郎の要求)の場合だと・・・

  • 新郎はロックが好きだから革ジャンと革パンでお色直しの入場がしたい
  • ケーキ入刀は日本刀で(ケーキは袈裟切り)
  • とにかくアニソン流したい
  • 場内にイタズラ、ハードなドッキリを仕掛けたい

革ジャン

・・・なんだこれ。

その他にもとんでもない要求が山ほど出てきましたが、筆舌に尽くしがたいほどくっだらないので割愛しますね。

こんな提案された日は、固定観念どころか夫婦仲もぶち壊しかねない大ゲンカになりましたけども。

でもこのように書き出していくと、自分の意見でさえ

「こんなんできるわけねーだろ!やったとしても顰蹙買うわ!」

って思うと同時に、とーってもスッキリした気分になれるわけです。

今一度自分の中での欲求と、将来の伴侶の気持ちに向き合えたわけですから。

②お互いの意見の帳尻を合わせよう

「自分がやりたいこと」を吐き出したあとは、お互いの意見の帳尻合わせをして可能な限り理想に近づけていくだけです。

私たちの場合、革ジャン革パンで入場はさすがに衣装も用意できないし、そもそも私はロックよりクラシック派だから一緒に入場できないけど、

「新郎の中座のときの退場曲は、好きなバンドの曲をかけようか!」

ってな具合に「間をとる作業」を大切に行ってきました。

新郎

ほんとに当たり前の行程かもしれないですけど、結婚式という人生の一大イベントとなると、感覚が麻痺して当たり前のことが当たり前に考えられなくなってしまうんですよ、ほんとに。
だからまずは「~しなきゃいけない」っていう固定観念は一度捨てて、自分と伴侶の理想に極限まで寄り添ってみる。
そうすれば視野が広がって、純粋な気持ちで式に臨めると思うんです。

「詰まったら一度全部吐き出す、そして相手と自分にもう一度向き合う」

これだけで変わります、きっと。
もっともっと良い方向に!

新郎新婦

 - 未分類

披露宴のトラブル実例集と対応策、私の場合・・・

      2016/06/03

二つの家が親族や知人友人巻き込んで興す一大イベント、結婚式と披露宴。
ふつうに考えたら、トラブルが起きないなんて奇跡に近いんじゃないでしょうか。

私も例に漏れず、大小様々なトラブルがたくさーん起きました。
しかも同時多発的に!!

トラブル発生
それでも周りに助けられたりしてなんとか大事にはならずに済んだんですけど、
それらを通して、事前にやっておけばより安心ということを、実例を挙げてお伝えしていきたいと思います。

トラブル①「借り物のベールに穴があいていた」

ウエディングドレスの時のベールは、知人が貸してくださったもの持ち込んで身につける予定でした。

サロンで二回ドレス合わせをした時には気づかなかったのですが、
いよいよ披露宴前日となり、ベールにアイロンをかけようと袋から出したら、ぱっくりと一部裂けていたんです。
ベールが。

花嫁さんのベール

えっ?えっ?なんで?
どうしよう、知人が貸してくれた大切なものなのに!
ていうか披露宴明日!!
この穴って縫ってもだめだよね、なんとか隠れるかな…
いや、祝いの場で裂けたものは使えないよな、どうしよう!どうしよう!!

軽くパニックですよ。
時間にしたら数秒だったろうと思いますが、頭の中でサイレンべかべか光って半鐘ジャンジャン鳴ってました。

お色直ししてウエディングドレスで再入場する際、知人の子どもたちにベールガールを頼んでいたので、
ベールをつけないっていう選択肢はなかったのです。

ベールガール
でもサロンでドレスを選んでいた時に

「ベールはセットに入っているので、無地のものなら無料でつけられます」

ってスタッフの方が仰っていたのを思い出し、すぐに電話をかけてしどろもどろで問い合わせたところ迅速に対応してくださり、
無地のロングベールを翌日午前中の披露宴に間に合うように、会場に届けてくださいました。

いやー、本当に助かりました。
涙がでるほど感謝の思いでいっぱいになりました。

もし持ち込む衣装や小物、アクセサリーがある場合は、前日に最終確認をきちんとした方がいいです。
そして何か不備があったら、すぐにプランナーなり衣装スタッフなりに連絡しましょう。

トラブル②「スピーチをお願いしていたゲストが相次いで欠席」

これまた、こんなことってあるの?と叫びたくなるようなことが起きまして。

披露宴前日に、新郎側の主賓祝辞をお願いしていた上司から体調不良で欠席しますとの連絡が。
この方はすぐに祝辞原稿をメールで送ってくださったので、司会者にすぐ共有して代読して頂くことになりました。

司会はプロではなく知人にお願いしていたので、すぐに連携が取れ、ことなきを得ました
ところが、当日幕が開いてみたら、なんと新郎側友人代表挨拶のスピーチをお願いしていた方も欠席!

もうね、ここまで来ると、

「なんとかなるでしょ!大丈夫!」

って変な自信みたいなものがつくんですよね。
結局その方のご友人がうまく代わりにスピーチしてくださり、持つべきものは経験値の高い友人だな、と思いました。

友人代表スピーチ
こういうことは滅多にないと思いますが、スピーチをお願いする時に、

「万が一ご欠席されることになったら、このアドレスまで祝辞原稿をお送りください」

と、一言添えるといいかもしれませんね。

トラブル③番外編「介添えさんの声が聞こえない」

これはトラブルとも言えない小さいことなんですけど。

新郎新婦として披露宴に臨むなんて、もちろん経験のない私たち。
何度もプランナーに、段取りを聞いたりしていました。

そのたびに

「大丈夫ですよ。当日は介添えが、なにをするかどこへ行くかなど逐一お声をかけさせて頂きますので、安心してお任せください」

と仰ってくださいましたので、言われるがまま動けばいいんだと安心しきっていました。

ところが、披露宴が始まり高砂に座ってしばらくした頃、予想外の展開に。

披露宴の高砂席

来賓数も多かったので、途中からゲストの拍手にかき消され、後ろにいる介添えさんが何を言っているかわからない!

「ご一礼ください」

なのか、

「ご着席ください」

なのか、聞き取れない!

こういうことのないように、

「着席すべきところでは腰を軽くタッチしてください」

等、声だけではなく、わかりやすい別のサインを事前に介添えさんと共有しておいた方が無難かもしれません。

他にも色々あったんですけど、主だったものだけ紹介させて頂きました。

何事もなければそれがいいですが、何か起こってもそれは失敗でも嫌な思い出でもありません。
それもひっくるめて、

「いろんなことあったけど楽しかったね」

と言える披露宴になりますように!

新郎新婦

 

 - 未分類

いよいよ披露宴直前!やることは何?~美容編~

      2016/06/03

披露宴準備って、やること盛りだくさんですよね。

衣装や引き出物などの決め事だけでなく、受付やスピーチをお願いする友人等への連絡など、事務作業もたくさん増えてくると思います。
プランナーとは打ち合わせラッシュになってくるし、新郎との演出の話し合いなんかも激化するし、
日が迫ってくるにつれて、本当~~~に忙しくなります。

準備に漏れがないかと気を配っている中でつい忘れがちなのが、自身のケア。
つまり美容面。

09_este
ここでは私が体験した美容面でのトラブルと、それを通して学んだことをお伝えしていこうと思います。
あー、もうとにかく言いたい。

「ブライダルエステを盲信するな!!!」

ブライダルエステを契約される方も多いと思うんですが、
私ね、なぜかこれ効かなかったんですよ。

フェイシャルエステ

疲労やストレスのほうが上回っていたのか、エステに通っても顔のニキビが消えませんでした。
エステティシャンの方に教えていただいたスキンケア方法を行っていても、だめでした。

確かに引き出物の調整や、ゲストの宿泊や着付けの手配に奔走したり、実家や夫と共に連日夜まで練り直される席次案に振り回されたり…
そんな時に限って仕事は忙しく、休息もろくに取れない状況が続いていました。
ケアしても、ストレスが振り切っていたんだろうと思います。

なのに、プロの手に任せれば大丈夫だろうと思っていた私。
本番直前になっても変わらない顔面。

ニキビ
焦りと困惑から、

「やべぇ」

「マジやべぇ」

しか言えなくなりました。

結果的に何がよかったのか、本番三日前に理容室で顔剃りしたら顔面はきれいになったんですけど。
なんで?顔毛が悪かったの?
よくわからないけど、とりあえずなんとか当日を、

「ニキビが…」

なんて気にせず迎えられました。

美容のために睡眠や休息はたっぷりとるべきなのに、準備でそれどころじゃないっていうジレンマを抱えている新婦さんには、エステが頼みの綱です。
その分、やれば劇的によくなるって思い込んでそれ以外の対策を何も考えていないと、少し危険だなと思いました。

もちろん高いお金払ってるんだし、やらないよりはいいはず。
効果が出た方もたくさんいらっしゃるでしょう 。

ただ、思った効果が出なかった時のために、理想的な肌になるけど、値段が高くてデイリー使いにはちょっと贅沢すぎる…的な、
自分に合った「晴れの日用スキンケア」を知っておくといいと思います。

資生堂のクリーム

人生で一番注目される日のために、ここで奮発しないでいつするのか!

そして、無理だよ…と言われるのを承知で敢えて言いますが、
休めるときに休んでください。

お肌は外から補給するだけでは、回復に限界があります。
やはり、たっぷり寝ることでしか得られない美しさがあるんです。
気分もお肌もきれいにさせて、あくまで楽しく本番を迎えられたらいいですね。

結婚式のカップル

 - 未分類

いよいよ披露宴直前!やることは何?〜作業編〜

      2016/06/03

披露宴準備、何ヶ月かけました?

披露宴

世論的には、半年はかけたいところらしいんですけど、
私たちの場合、ブライダルフェアに参加してから披露宴当日まで三ヶ月かからないくらいだったので、
準備開始からフルスピードで駆け抜けていった感じでした。

まぁ自分たちで決めたことだからね!
愚痴らなかったけどね!

でも、

「なんでこんなにやることあるの!?」

って何度も叫んだよね!

プランナーさんとの打ち合わせまでに、夫婦間での打ち合わせ・実家両親との打ち合わせ。
そんな感じで一つ一つ決めてったので、本当に家でも外でも打ち合わせばかりの日々でした。

プランナーとの打ち合わせ

でも、やることに追われてボーッとしていたり、まぁいっかっていい加減にしておくと怖いことがたくさんあるんです。

これから披露宴を控えている方に、
忙しい時こそ気を緩めず、気をつけて頂きたい点を二つほど挙げたいと思います。

 

①ヘアメイクリハーサルでは、自分の理想をしっかり伝えること!

当日のメイクや髪型について、美容師さんやプロのメイクさんと打ち合わせをする場が持たれます。
その際、自分がどんなメイク&髪型にしたいかをしっかり伝えることが大事です。
細ければ細かいほど、理想に近づけてくれます。

花嫁メイク

それでも言葉ではなかなか自分の要望が伝わらず、思った形にならないこともあると思います。
ていうか、ありました。

私ね、弓なり眉毛が似合わないんですよ…。
メイクさんも頑張ってくださったんですが、私の伝え方が悪くてイメージできないようでした。

他のことなら、これでもいいかって思えることでも、自分の顔となると妥協できない。
欠点の隠し方を知っているのは、やっぱり自分なので。
私は思い切って、

「当日、眉毛だけは自分で書いてもいいですか?」

と言って、そうさせてもらいました。
あちらも、

「やっぱり、ご自分でされた方が一番似合いますね」

と快く任せてくださったのでよかったです。

自分でやりたい時はそのまま伝えてみていいと思います。
メイクさんに言えずに幕が開き、

「思ったようなスタイルじゃない…やっぱり修正してもらえばよかった」

なんて披露宴の写真を見るたび悲しくなる、なんて最悪に結果にならないように!

納得いく形になるまで、妥協しないことが大事です!

 

②小物類や持ち物は前日に再度確認!

高砂で涙ぐんでしまった時用のレースの白いハンカチや、
和装下着や小物の買い忘れに注意しましょう。

和装

和装をお召しになる方は、下着として肌襦袢や足袋、裾よけを用意するよう伝えられると思いますが、
個人的にはステテコもあると安心です。

当日は緊張や会場のライトでかなり汗をかくと思いますが、
その際生足に裾よけだと、足にくっついてまとわりついたり蒸れてしまうことがあります。

ステテコを履けば裾よけは履かなくてよくなるんですが、私は裾よけよりステテコの方が快適に過ごせました。
女性用のステテコは日本舞踊用の下着を取り扱っているお店ならあるので、汗っかきやまとわりつきが気になる方は相談してみてください。

少しでも気になる点をクリアにして、
また、やることをあらかじめ挙げておくなど十分な準備性をもって、万全な状態でその日に臨みたいですね!

 - 未分類

ホテルウエディングのススメ~納得できるそのメリットとは?

      2016/06/03

披露宴の会場選び、何を重視しますか?

アットホームな雰囲気のゲストハウス?
リラックスムードのレストランウエディング?

予算の都合などもあると思いますが、もし許すのであれば、個人的にはホテルウエディングを推します。
超推します。

hiroen

 

独断と偏見になるかもしれませんが、ホテルウエディングを薦める理由を列挙してみたいと思います!

①遠方ゲストを招きやすい!

ホテルの魅力は、やはりサービスの質と環境の良さ。
宿泊施設なので遠方のゲストも招きやすいし、サロンもあるので和装ゲストや親族のヘアメイク&着付けの手配もスムーズです。

旅行の荷物

実際に宿泊したゲストは、

「ゆったり休んで準備できたし、長旅の疲れを持ち越さないで参加できたので助かった」

と、喜んでいました。

②プランナーが近くにいる安心感

いよいよ披露宴前日。
緊張しながらホテルにチェックインした時、

「これまで数ヶ月かけて打ち合わせを重ね、種々相談してきたウエディングプランナーさんが同じ建物の中にいるんだなぁ」

って思ったら、妙に安心したのを覚えています。

ウエディングプランナー

何かあったら即相談できる、というのは本当に頼もしい。
実際、ゲストの欠席等、急な変更があってもすぐに対応してくださいました。
とても心強かったです。

③やっぱり二泊できるのは楽!拠点があると便利

午前中から挙式→披露宴という方もいらっしゃると思いますが、その場合新婦の身支度は早朝からになります。
なのに前日まで準備や確認、諸々の手配をしなくてはいけません。

ホテルの部屋

「明日朝早く家を出なきゃいけないのに…これじゃ全然睡眠時間とれない…」

と焦りながら作業に追われるのは、精神衛生上よろしくないですよね。

その点、前日から会場に宿泊できるというのは、かなーり気持ち的にも楽です。

また、自宅と違う贅沢な環境でお泊まりすることによって、夫婦間のテンションも披露宴へ向けていい具合に上がっていきます。
仲良しムードをフルにまとって、披露宴に臨めたのもよかったです。

そして披露宴終了後も、
バタバタ片付けをして疲れている中、大荷物を抱えて帰らなくてもいいというのは大きかった。

披露宴後って、ものすごい荷物が増えるんですよ。

自分たちの準備してきた荷物に加え、
余分に搬入していた引き出物も引き取らなきゃいけないし、
本番に使用したブーケやウエルカムボード、
親戚からのお菓子やお祝いのお花などなどなど。

ウエルカムボード

こんなのを一大イベントが終わって疲弊した体で持ち帰るなんて、相当の負担になります。

もう一泊できる、という心の余裕が持てたことで、
その分、より相手への労いや感謝ができたように思います。

翌朝もホテルのおいしい朝食を食べながら余韻にひたれて、いい時間を過ごさせて頂きました。

少し話はそれますが、披露宴後すぐに新婚旅行に行くのは良し悪しだそうですよ。
友人は披露宴が終わってすぐハネムーンへ行きましたが、疲労が残ったままだったので、せっかくの旅行地でも観光せずにホテルで寝てばかりいたそうです。

海外旅行

まぁ披露宴でぶち上がったテンションのまま旅行へ飛び出すのもそれはそれで楽しいとは思いますが、
私たちの場合は披露宴後にとんでもない大ゲンカをしたので、直後にハネムーンを予定してなくて本当によかったと思いました。

さてさて、ホテルでのウエディングの魅力、少しは伝わりましたでしょうか?
これは私の超個人的な感想なのですが、少しでも参考になれれば嬉しいです。

やりたい式が叶う、ベストな会場が見つかるといいですね。

バルーンリリース

 - 未分類

  関連記事

婚姻届と結婚指輪
格差婚カップルの披露宴、どう乗り越える?

「格差婚」ってご存知ですか? 主に、家柄や学歴、年収などに格差のあるカップルが結 …

結婚式にかかるお金
やっぱりお金は大事!ちょっと変わった披露宴マネーの節約術

素敵な結婚式・披露宴を実現させるという夢のためには、お金の悩みという現実と向き合 …

ニキビ
いよいよ披露宴直前!やることは何?~美容編~

披露宴準備って、やること盛りだくさんですよね。 衣装や引き出物などの決め事だけで …

budget
披露宴の「予算」をはじめにハッキリと伝えておこう!

最初に言っておきますが、今回は結婚式・披露宴にかかるお金の話です。 生々しいです …

ウユニ塩湖で結婚式
「自分たちらしい結婚式(披露宴)」って一体なに!?

結婚式や披露宴を挙げるにあたって、どんなものにしようかと考えた時、 「自分たちら …

親族の留袖
結婚式・披露宴を挙げる季節はいつがベスト?

一生添い遂げたい相手と出会って、婚約をかわして、結婚が決まって。 さて、結婚式・ …

結婚式の式次第
結婚式・披露宴に固定観念はいらない!

例えば本当に本当に新郎新婦の意見が合わないとしたら、もはや結婚式の段取りすら組め …

花嫁メイク
いよいよ披露宴直前!やることは何?〜作業編〜

披露宴準備、何ヶ月かけました? 世論的には、半年はかけたいところらしいんですけど …

トラブル発生
披露宴のトラブル実例集と対応策、私の場合・・・

二つの家が親族や知人友人巻き込んで興す一大イベント、結婚式と披露宴。 ふつうに考 …